愛知県の産業遺産巡り TOP

今話題の産業遺産を巡る旅(愛知県)

トップページ掲載文。

産業遺産関連書籍ランキング

九州遺産―近現代遺産編101
九州遺産―近現代遺産編101

九州遺産の圧倒的な内容と質

この「九州遺産」は、その圧倒的な内容に「本当に九州内だけで取材されたのか?」と思うほど、幅広い分野やバラエティに富んでおり、非常に興味深く、面白い。複雑な歴史に翻弄されてきた九州には、実はヨーロッパの一国にも劣らない質と量の近代遺産がこれほど表情豊かに、かつ現存されているとは、驚きの連続です。

美しい写真やイラストも、息を付く間もないほど素晴らしいし、筆者の理論的で整然とした説明文や図表も分かり易く、小学生高学年くらいならば平易に理解できるでしょう。

ただ、それら多くの遺産の保存を巡っては「危機的状況」にあり、筆者の悲痛な叫びもにわかに感じ取れたのが印象的。

先人達の英知と、今を生きる私たちがどう向き合うのか?何度読んでも飽きない、多くのインスピレーションを与えてくれる一冊です。

廃墟という名の産業遺産
廃墟という名の産業遺産

静かなブームであった廃墟ブームが落ち着いて、今度は(やはり静かなブームですが)産業遺産がそれにとって代わっています。

この本では夕張や、廃墟関連の本には必ずといっていい程載せられている「軍艦島」こと長崎県の端島、それから岐阜県の神岡鉱山などが掲載されています。

廃墟という名の産業遺産からは教科書にも載らない歴史も垣間見えてきます。しかしこの本が、この国の行く末を暗示していなければ・・・と老婆心ながら想像出来てしまったのは寂しいですが・・・。